弁護士紹介

1.弁護士 富田智和 (とみた ともかず)

平成17年10月の弁護士登録以来、約4年半の勤務弁護士生活を経て、平成22年4月より当事務所を開設いたしました。神戸の地を開業場所として選んだのは、山と海がほど近く、異国情緒溢れる美しい街並みの神戸を気に入ったためです。私は、高校生のころに困っている人を助ける弁護士の仕事に惹かれたことから弁護士を志しました。その後、大学2年生で司法試験の勉強を始め、幸運にも司法試験に合格することができました。

弁護士登録後は、一般民事・家事事件を扱うのはもちろんですが、株主代表訴訟・商事訴訟の弁護団に加入し、研鑽を積む機会に恵まれました。また、フランチャイズをめぐる損害賠償請求訴訟、リース契約をめぐる詐欺事件、投資被害詐欺事件、保険金請求訴訟などの消費者問題も扱ってきました。刑事事件についても、強大な国家権力から市民の権利を守るという弁護士の仕事の原点であると考え、起訴前・起訴後の事件を問わず多数取り扱ってまいりました。

このような弁護士業務に加えて、大学で教鞭をとったり、高校や各種の団体で講演させていただく機会にも恵まれました。この経験を活かし、難解な法律用語を一般の方に分かるよう分かりやすく説明させていただこうと心がけています。紹介者のない方の相談もお乗りしておりますので、まずは相談からお気軽にお問い合わせいただければと思います。

2.略歴

昭和53年 出生(徳島県出身)
平成8年3月 私立徳島文理高校卒業
平成12年3月 関西学院大学法学部政治学科卒業
平成15年11月 司法試験合格
平成16年3月 関西学院大学大学院法学研究科博士課程前期修了
平成17年10月 最高裁判所司法研修所修了(第58期)
同月 兵庫県弁護士会に登録
平成22年4月 当事務所設立

3.所属

  • 兵庫県弁護士会法曹人口プロジェクトチーム(現:兵庫県弁護士会法曹養成制度検討プロジェクトチーム)(平成21年4月より副座長、平成26年4月1日から平成27年3月31日まで座長)
  • 兵庫県弁護士会刑事弁護委員会(平成21年4月より副委員長)
  • 兵庫県弁護士会取調べの可視化実現本部(現在副本部長)
  • 兵庫県弁護士会交通事故問題プロジェクトチーム委員
  • 兵庫県弁護士会常議員(平成26年4月~)

4.活動

  • 橋梁談合事件株主代表訴訟弁護団
  • 大林組談合株主代表訴訟弁護団
  • シャルレMBO株主代表訴訟弁護団(判例時報2245号98頁、判例時報2285号117頁)
  • 西松建設違法献金株主代表訴訟弁護団(資料版商事法務369号)
  • 吉本興業TOB差止訴訟弁護団(金融・商事判例1399号52頁)
  • 株主の権利弁護団
  • ワールドオーシャンファームエビ養殖投資被害対策弁護団
  • NTNベアリングカルテル株主代表訴訟弁護団
  • シャルレ子会社投融資株主代表訴訟弁護団
  • 川崎重工業官製談合株主代表訴訟弁護団

5.役職

  • 平成19年4月~:関西学院大学法学部・大学院法学研究科非常勤講師
  • 平成20年4月~:芦屋市入札監視委員会委員
  • 平成22年4月~:甲南大学法学部非常勤講師
  • 平成26年6月~:芦屋市長等倫理審査会委員
  • 平成27年6月~:芦屋市指定管理者選定・評価委員会委員

ピックアップ記事

  1. ...

神戸そよかぜ弁護士事務所

神戸市中央区多聞通2-5-16 三江ビル4F
TEL 078-360-3655 / FAX 078-360-3656